結婚式場に合うウェディングドレス選び

  • 結婚式の時に服装に注意すること

    • 結婚式の時に服装に注意することはゲストとして大切な事です。


      特に女性はマナー違反になる項目も多数あるため注意が必要です。

      まず、色に注意することが大切です。
      黒いドレスはどのような場面でも使用することができる色ですが黒で統一するとお葬式を連想させる為注意が必要です。この為、黒のドレスを選ぶ時はストールや靴などの小物の色に注意をする事が大切です。また、白は花嫁の色の為ゲストが白いドレスを着るのは結婚式にふさわしくない色として常識ですが、この他にも白に近い色を着る事も注意が必要です。
      特に白に近いベージュを着ると傍目からは白に見える為マナー違反とされやすいです。

      このような時もストールなどの色に注意をする事が大切です。

      また、派手なドレスを避ける必要もあります。

      結婚式の主役はあくまで花嫁でありゲストは花嫁を引き立てる役割があるからです。この為、派手な格好をする事はマナー違反になるのです。


      この他にも上下が分かれたドレススタイルは別れるを意味するためマナー違反となるので注意が必要です。そして、肌の露出を避ける格好をする必要があります。この為、肩が出るドレスの場合はストールやボレロで露出をおさえたり、ストッキングを履くなどの配慮が必要です。

      そして、トータルコーディネートを行う必要があります。結婚式の髪型はハーフアップかフルアップが基本です。

      美容院でセットしない場合には、事前にドレスと髪型の相性を見たり結婚式で髪型が崩れないかどうかをチェックする事も大切です。


      このようにマナーに注意をする事は自分が恥じをかかない為だけでなく新郎新婦に不愉快な思いをさせないために大切な事なのです。友人が結婚することになり、その友人として結婚式に招待されるケースは結構あるものです。


      こうした結婚式の招待というものは、一度始まると、立て続けに起こったりします。

      20代後半あたりから30代前半ぐらいまでの時期に集中してくるのが、一般的な流れとなってきます。
      さて、友人の結婚式へ出席をする場合ですが、基本的には友人という立場での出席になるため、お祝いとしても3万円程度で良いです。

      若い時であれば、さらに下げて2万円でも良いです。そして、結婚式当日の服装なのですが、大人の男性の場合ですと、黒の礼服というものが基本中の基本路線になってくるのですが、これが友人ということであれば、特に礼服にこだわる必要はなくなってきます。


      普通の仕事で使用しているような、紺系のスーツ等であっても全く問題がないのです。結婚式というものはとてもみながハッピーになれる大きなイベントの一つとなってきます。

      この席では、よくお酒を飲む人が多くなってくるわけですが、アルコールはほどほどにしておくのが一番となります。人によっては、素面でいる時とは別人になってしまったりします。このような姿は結婚式ではご法度です。ですから、ほどほどが大切なのです。さて、私自身何度も友人、そして知人等の結婚式に出席をしたことがあるわけですが。

      友達という立場で気軽な感じで出席させてもらっていることがほとんどとなります。気軽に楽しくが一番大切となってくるのです。

















  • 関連リンク

    • 結婚式の時に服装に注意することはゲストとして大切な事です。特に女性はマナー違反になる項目も多数あるため注意が必要です。...

    • 昔から結婚式というものは存在しておりますが、以前はそれほど種類やバリエーションと言うものが多くなく、ほとんどが決まった形のものなのだのではないでしょう。ところが最近では、非常に変わったスタイルの結婚式が増えてきておりまして、昔ながらのホテルや教会などで挙げるものの他に、なんと食事をするレストランなどでも行うことができるものも存在しております。...