結婚式場に合うウェディングドレス選び

  • 結婚式場に合うウェディングドレス選び

    • 結婚式場に合うウェディングドレス選び今の時代、結婚式は結婚する本人たちのファッショナブルの嗜好でそのスタイルを選ぶことのできる時代です。


      結婚専門の雑誌を見ると結婚式場から衣装、披露宴の趣向に至るまで、様々なスタイルを選ぶことができます。

      結婚式の衣装は花嫁にとって最も重要なポイントの一つです。まず、その趣向から決めていきます。主には、和式か洋式かということです。

      和式なら、白無垢、打掛というスタイルが主でしたが、最近ではお引きずりと呼ばれる大振袖に裾を引く着物にも人気があります。

      変わったところでは、十二単をきる花嫁もいます。和式の髪型も前までは文金高島田のかつらをかぶることが多かったのですが、最近ではカールなど洋装風の頭で結うことも人気です。

      洋装スタイルの代表はウェディングドレスでしょう。


      こちらも、着物と同様、様々の形のスタイルがあります。

      体型や、結婚式を挙げる場所によってドレスを選ぶと間違いがありません。


      例えば、結婚式を大きな聖堂などで挙げる場合は、シルクタフタやレースなどを使ったゴージャスなドレスがおすすめです。

      バージンロードが長いなら、トレーンと呼ばれるドレスの後ろ裾を長く引きずるスタイルが素敵です。
      お姫様のようなシルエットになります。

      ドレスのスカートは大きく広がったスタイルがいいでしょう。
      大きな空間には、花嫁のゴージャス感を際立たせてやるのです。
      逆にアットホームなガーデンパーティーなど、ゲストと花嫁の距離が近い結婚式場では、長いトレーンはじゃまなだけです。
      軽々と動き回れるシフォンなどの軽い素材を使ったドレスや、形はコンパクトなスタイルがおすすめです。

      マーメイドと呼ばれる、腰まで体にそったスカートの形のものや、エンパイヤと呼ばれる。胸の下からスカートの切り替えしがあるロマンティックなスタイルも最近の人気です。

      結婚式の主役は花嫁です。

      自分に似合うだけのドレスではなく、結婚式場の場の雰囲気の合うドレスを選んで、皆から祝福される花嫁になりましょう。
      友人知人が結婚をする際に、結婚式を親族のみで行なうといったケースや結婚式と披露宴に呼ぶことができる人数が会場のキャパシティの関係上限られているために、結婚式を終えた後に開かれる二次会から招待されるといった機会がしばしばありますが、その際にどういった恰好で参加すればいいのかといった点は多くの方が戸惑いを感じ、気になるポイントです。

      主に結婚式に参列するようにある程度フォーマルよりなきっちりとした恰好で参加するべきなのか、普段着で参加するべきなのかといった点が問題となりますが、これはどのような日程で二次会が行われるのか、また会場はどういったところなのかで臨機応変に対応する必要があります。結婚式、披露宴の後に行なわれるケースでは、その参列者も当然多く参加する二次会となるため、多くの人が結婚式の際の恰好のままで二次会が開かれることとなるため、あまりにカジュアルな恰好をしていっては会場で浮いてしまう可能性が高くなります。


      男性であればスーツ姿で参加するのが無難であり、最低でもジャケットを着用するスタイルを取るといったことがオススメです。

      女性であれば、やはりパーティドレスといった華やかな恰好をするのが望ましいです。
      一方、日程をずらして開催されたり、レストランで行うなど会場がある程度以上の恰好を求めらる場所ではなく、日常的に利用するカラオケや居酒屋店といった場所で開かれる際には、普段着での参加でも問題ないケースが多く、きっちりしすぎると逆に浮いてしまう可能性もあります。


      共に参加する友人と相談するなどしておくのもオススメです。

















  • 関連リンク

    • 私は現在、20歳代後半なのですが、世間一般で言うところの結婚適齢期なので、周りの知人や友人の結婚式が連続する時期である結婚ラッシュを、ちょうど経験しています。私自身も、今から2年半前に結婚をしており、現在は一児の母をしています。...

    • 人生の一大イベントそれが結婚です。結婚式は晴れの場となります。...